こんにちは。

弁護士の星野です。

NHKと受信料の契約を締結してしまうと、受信料を支払う義務が生じるのですが、支払いがなされないまま放置され、突然、数年分の受信料の支払請求がなされることがあります(このような相談が複数ありました。)。

そして、NHKからの支払請求の際に「不払いの場合は法的手続きがなされる場合がある」旨の督促文言がありますので、ビックリして全額お支払いしてしまうケースがあると思います。

しかしながら、NHKの受信料は、民法169条の定期給付債権として5年で消滅時効が完成しますので、「時効を援用します」と言えば、5年以上前の受信料についてはお支払いする必要がありません。

以下のとおり、NHKのウェブページでも記載されていますので、安心して「時効の申し出」をして支払いを拒絶できます。

NHK 受信料の窓口【お支払いに関するQ&A】

受信料の消滅時効は5年になります。
※受信料のお支払いが滞っている分については、これまでどおり全額請求させていただき、時効の申し出があった場合には、時効を5年として取り扱います。

LINEで送る
Pocket