こんにちは。

弁護士の星野です。

相手の名前を忘れてしまうという局面に陥ったとしても、相手にバレずに相手を敬っているように見せることができる言葉をご存知でしょうか?

そうです。「先生」です。

名前を忘れてしまったときでも、そもそも名前を知らない人であっても「先生」という言葉があれば、相手の気分を害さないので大変便利です。

私も弁護士会の集まりや大学関係者の集まりで多数の弁護士とお話しすることがありますが、名前を忘れていても、初対面であっても使える「先生」という言葉の便利さを実感しまくりです。

相手が医者や学校の教師、士業であれば、「先生」という言葉は便利ですね。

ただ、この便利であることを知っているが故に、名前を憶えていますよアピールをしたくなり、あえて「○○先生!」という風に名前を強調することがあるのですが、たまに名前を間違えてしまうこともあるので注意が必要です(笑)

 

なお、弁護士に「先生」という敬称を付ける必要はない、弁護士は偉くない、弁護士がお互いを「先生」と呼び合っていることが気持ち悪いというような意見をテレビ等で聞くことがありますが、上記の便利さを全く認識していない意見だと思います。

例えば、初回の法律相談時に、私は初対面の相談者の名前を間違えないように名刺やメモで相談者の名前を何度も確認して話しますが、相談者は「先生はどのように考えますか?」というような言い方をし、私の名前を省くことがよくあります。

弁護士に相談をすることに慣れておらず、緊張している相談者が弁護士の名前を間違えないようにしようと意識する必要なんて全くないので、「先生」と呼ぶことによって余計なことを考えずに法律相談に集中できることは良いことだと思います。